オーディオは動作確認してから買取

オーディオは動作確認してから買取

オーディオの買取は、そのままお店に持ち込むこともありますが、やはり動作確認をすることが先決となるのではないでしょうか。
お店に持ち込んでからオーディオの不調、あるいは故障が発覚すると、査定で減額されたり、最悪の場合は買取そのものが不可能と判断されてしまいます。
オーディオはまず電源が入るかどうか、プレイヤーであれば再生やボリュームなどの機能を一通り試して動作確認することをおすすめします。
CDプレイヤーなどは問題なく読み取って再生されるか、イヤホンやヘッドホンも左右の音に問題がないか確認することが大事です。
ケーブル類はプラグの傷や汚れ、断線の有無が査定買取に影響しますし、付属品も価格を左右するので、必ず一式を揃えてから査定を受ける必要があります。
動作不良が見られた場合は、完全に故障していなければそのままお店に持ち込むなどして、状態を伝えて査定を受けることが、減額ありでも買い取ってもらう方法となるのではないでしょうか。

使っていないオーディオは捨てるべきかどうするのが正解か

使っておらず置物になっているオーディオは、捨てるかどうか考えることになるのではないでしょうか。
使っていないだけで問題なく電源が入ったり再生が行えるのであれば、ゴミとして捨ててしまうのは勿体ないです。
それよりもオーディオを買い取っている専門店に持ち込んだり、フリマやネットオークションに出してみることをおすすめします。
オーディオ買取のお店は出張しているところもありますし、重量があって重たく持ち込めないなどの理由があるなら、相談次第で査定や引取に来てくれます。
フリマやネットオークションは、査定価格よりも高く売りたい場合に有効で、自分が売りたい価格で欲しい相手を探すのに最適です。
写真を撮影したり出品や取引の手続きをしなければいけないのは手間ですが、買取よりも高く売れる可能性があります。
壊れてしまい使っていないオーディオも、要修理や部品取りのジャンク品として出品すれば立派な商品になりますし、処分費用を負担せずに手放せるのではないでしょうか。

著者:大槻幸次郎

筆者プロフィール

長崎県佐世保市生まれ。
地元で評判のリサイクルショップを運営。
問い合わせの多いオーディオ機器について記事をまとめました。