高価買取を目指すなら新品に近い方がいい!オーディオの品質を維持するための基礎知識まとめ

このサイトでは、自宅に眠っている古いオーディオを少しでも高価買取を目指したいと思っている方に向けて、査定に影響する品質の維持を行うための基礎知識について詳しく紹介しています。
他にも機器の種類別の確認ポイントについてや、査定に出す場合には事前にきちんと動くかなど動作確認をする必要があるなど、買取依頼をする際に必要となるチェックポイントなども紹介しているので、大切な機器を適正価格で売りたいなら事前にチェックしておきましょう。

高価買取を目指すなら新品に近い方がいい!オーディオの品質を維持するための基礎知識まとめ

オーディオは古い機器になると既にメーカーで生産中止されている貴重な物も多く、新品に近い状態であるほど高価買取してもらえる可能性が高いといわれています。
しかし品質を維持するためには、精密な電子機器を綺麗に維持するために柔らかな布や綿棒を利用して汚れを落とすなど日々のお手入れはもちろん定期的なメンテナンスが必要です。
特にメンテナンスには適切な手順と道具でケアを行なう必要があるので、正しい知識を持ってオーディオケアを行い新品の状態で買取を依頼しましょう。

オーディオの高額買取は良い状態で使えることが基本

オーディオの高額買取は、当然ながら良い状態で使えることが基本中の基本となるのではないでしょうか。
良い状態と一口に言っても様々ですが、例えば目立つ傷や汚れがなく一見して新品に近い、あるいは減額対象となる要素が殆どない、付属品が揃っていて欠品が見られないなどが挙げられます。
具体的にはオーディオ機器をぶつけたり落としたことがなく、丁寧に扱ってきたことが分かる外観のものがあてはまります。
また機能にも問題がなく、本来の機能が一通り使えることもまた重要なポイントとなります。
電源ボタンを押しても入らないのは論外ですが、一部のボタンの反応が鈍い、ボリュームを操作するとノイズが出るなども問題です。
異音や不安定な動作もNGですから、不安なく普通に使用できることが、オーディオの高額買取実現の大前提だといえます。
多少の傷や汚れが見られても、機能的に問題がなければそれほど減額されずに済みます。
オーディオは音源を再生して音楽を聴くのが目的ですから、その目的が達成される状態であれば、納得の価格で手放せる可能性があるのではないでしょうか。

オーディオで劣化しやすいところとは?

オーディオで劣化すいところはどこか、それについては特に音楽を聴く趣味がある人にとって気になるのではないでしょうか。
オーディオ機器の場合は可動部、つまりCDプレイヤーのトレーやディスクを回転させるモーターに劣化が生じたり、故障しやすいといえます。
CDはディスクそのものが湿気に弱いので、製造品質や開封後の保管によっては、短期間で目に見える変化が現れます。
可動部を持たないオーディオ機器は比較的故障しにくいものの、半導体部品のコンデンサは経年で性能が落ちます。
固体コンデンサは液体コンデンサよりも寿命が長いですが、それでも永久に使い続けられるわけではないです。
意外なところとしてはゴムが駄目になりやすく、例えばオーディオ機器を支える足に使われているゴム素材が溶けたり、設置しているところにくっついてしまう現象が挙げられます。
ゴムでもシリコンゴムは耐久性が高いですが、安い素材のものについては、定期的に確認するなどして溶けていないかチェックした方が良いのではないでしょうか。

オーディオの使い方で変わってくる品質

オーディオ機器には常に電気信号が流れ続け、使い続けるほどやがて劣化していくのは避けられません。
しかし、使い方次第で高品質を保つことが可能です。
大迫力の音量を求めるとついついボリュームを上げてしまいがちですが、実は人間の耳で判断できる周波数には限りがあります。
大音量が発声されている間、オーディオ機器には通常よりも高電圧の電気が流れコンデンサやトランジスタに熱を与え、スピーカーのコーン紙も強く振動し、劣化を早める要因です。
その一方で、人間の耳はある範囲を超えた音量はさほど効果が無いことが分かっています。
つまり、一定以上の音量に上げるということは、無駄にオーディオ機器にダメージを与えるだけとなってしまいます。
また、設置場所も大切で、湿気の多い場所なら電子パーツを腐食させたり、コーン紙を劣化させる原因となります。
オーディオ機器でいつまでも高品質な音楽を楽しみたいなら、やさしい使い方に配慮することが大切です。

オーディオは古い方がいいわけではない

オーディオは古いものの方がいいという人もいますが、必ずしもそうと断言はできないのではないでしょうか。
古い方がいいという意見は、若い頃に憧れていたオーディオを手にした人や、昔の製品の方が好みの音に近い人が口に出しやすいといえます。
しかし、オーディオも進化していますし高音質再生を目指して技術が開発されてきたわけですから、新しいものをまとめて否定するような意見はNGです。
勿論、古い方にも名機と呼ばれる製品はありますし、それを超える音を出す新製品が登場していないという人がいるのも理解できます。
ただ発売から20年、30年が経過しているオーディオ機器は、メンテナンスをしないと発売当時とは掛け離れた音が出てしまいます。
新しい方は現代的な規格に対応していたり、以前にはなかった聴き方ができるので、そういったところに新旧の間に開きや差が生じます。
結局のところ突き詰めれば好みに行き着くわけですが、一方的に古ければいいというのは間違いではないでしょうか。

著者:大槻幸次郎

筆者プロフィール

長崎県佐世保市生まれ。
地元で評判のリサイクルショップを運営。
問い合わせの多いオーディオ機器について記事をまとめました。
オーディオの買取ならここ!